東京都墨田区曳舟エリア 街中会場約40箇所 | 七軒長屋、小倉屋、すみだ生涯学習センター・ユートリヤ、約20軒長屋やアートスペース、18軒の軒下空間

すみだ向島EXPO 2020

隣人と幸せな日 / Blend into the neighborhood

CONTACT

お名前
メールアドレス
件名
お問い合わせ内容

上記入力内容をご確認頂き、下記個人情報の取扱について承諾された上で、チェックを入れて、下記の送信ボタンを押して下さい。

個人情報の取扱について

※本ウェブサイトでは、お問い合わせ時に、お名前、メールアドレス等の個人情報をご入力いただきますが、これらの個人情報は、ご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料の送付など以外には使用いたしません。

© 2020 SumidaMukojimaEXPO

ARTIST

明治大学山本俊哉研究室
Yamamoto.lab, Meiji univ

明治大学理工学部建築学科・教授

明治大学山本俊哉研究室は、35年前からすみだ向島のまちづくりに関わってきた山本俊哉教授が率いる建築・都市計画に関する研究グループです。大学院生と学部4年生が毎年20数名所属し、2005年の発足以来、延べ300名ほどの卒業生・修了生を輩出してきました。アイドルグループHey! Say! JUMPの伊野尾慧が所属していた研究室としても知られ、よくマスコミに登場します。
研究の領域は、子どもの犯罪からの安全から高齢者の転倒事故予防、三陸の復興まちづくりから洪水・土砂災害からの逃げ地図づくり、戦前からの古書店街の歴史から現代中国の都市変容と幅広いです。すみだ向島については、研究室の発足以来長年京島地区のまちづくりの研究を続けており、最近はリノベーションされた長屋に着目して京島地区の変容を追っています。
研究を指導する山本俊哉は、当初はコンサルタントとして防災まちづくりに関わり、その後川の手倶楽部という市民団体を立ち上げ、20年前に向島博覧会を企画・開催し、学術・藝術の成果を地域に還元するため、NPO向島学会の設立を進めました。
今回は、すみだ向島expo2020の会場になっている20以上の京島長屋の再生事例をビジュアルに紹介するとともに、大学院生によるこれからの京島長屋の再生提案の図面や模型を展示する「京島長屋再生まちづくり展」を企画しました。京島長屋を再生したsheep studioの2階で開催します。入場無料ですので、地元の方々もどうぞこの機会にいらしてください。