東京都墨田区曳舟エリア 街中会場約40箇所 | 七軒長屋、小倉屋、すみだ生涯学習センター・ユートリヤ、約20軒長屋やアートスペース、18軒の軒下空間

すみだ向島EXPO 2020

隣人と幸せな日 / Blend into the neighborhood

CONTACT

お名前
メールアドレス
件名
お問い合わせ内容

上記入力内容をご確認頂き、下記個人情報の取扱について承諾された上で、チェックを入れて、下記の送信ボタンを押して下さい。

個人情報の取扱について

※本ウェブサイトでは、お問い合わせ時に、お名前、メールアドレス等の個人情報をご入力いただきますが、これらの個人情報は、ご連絡や業務のご案内やご質問に対する回答として、電子メールや資料の送付など以外には使用いたしません。

© 2020 SumidaMukojimaEXPO

ARTIST

中里 和人
Katsuhito Nakazato

写真家・東京造形大学教授

 墨田区向島には、長屋、町工場、路地、軒先園芸など、ヒューマンスケールから形成された独自の原風景都市が色濃く残っている。東京の東エリアに密集する都市の原風景を、明治初期に一時存在した東亰(トウケイ)と呼ばれた幻の東京と重ねながら撮影したのが〈東亰世界〉である。
 東亰プロジェクトは中里和人が企画構成を手がけ、東京造形大学と大学院で写真を学ぶ有志参加者と社会人の写真家総勢14名で、町の記憶と記録を発掘することを目指し、〈東亰世界〉に連なる写真展、インスタレーション、関連イベントを開催する。会場となるのは、八広(ヤヒロ)舟原公園前にある元建具屋「竹内建具製作所」。
 展示概要は、ガレージと2階作業所で、合同写真展と雨水インスタレーション。キッチンは、古いレシピをモチーフにした写真インスタレーション。中庭では、建築家遠藤清の防災をテーマにした「消化器小屋茶室」が建ち、華道家上野雄次による花生け「東亰ノ光」パフォーマンス。建具工場は、製作所に置かれていた物を幻灯機で撮影した中里和人の新作「幻燈工場」と「東亰」写真展。2階の住居は、向島を88枚の絵ハガキにした展示と雨水映像インスタレーションが展開される。
 向島の町のランドスケープと工場内の記憶の空気感が醸成され、向島原風景=東亰が体感できる〈東京原風景ミュージアム〉を出現させ、東京の景観遺産を社会に広く発進させていきたい。

東亰プロジェクトチーム:邢越豪 高世蒋 胡元慶 田潔 陳一琳 聶澤文 馬天航 方健威 牧野雄気 山田 龍 兪姍含 遠藤清 上野雄次 王澤鈴 緒賀道夫 保科宗玄 中里和人 協力:伊藤美樹、馮馳、水田典寿