三軒長屋旧邸+稽古場

明治通りの八広側に並ぶ、戦後すぐに建った長屋建築。戦前の長屋に比べて間口は広く奥行きもあり、特にこの長屋には、道路側からは見えないが奥にくっついた平屋や、裏に隠れている中庭など、八広という地域の複雑性とシンクロするつくりとなっている。横並びで続く長屋も同じ時代に同じ大工の大家さんが建てたもの。三軒長屋の2階はルームシェアの住居となっていて、展示などにも時折使われている。


住所:墨田区八広2-45-9


【八広食堂】

八広にある金属加工の町工場「吉成工業」の次期社長が運営する、ものづくりを支える胃袋にあった大衆料理と粋な居酒屋が組み合わさったような店。町工場の仕事後に開店するため夕方から営業だったこともあり、現在休業中。


【となり製作所】

吉成工業の社長自らが個人的なものづくりに励む製造拠点。クリエイターやアーティストの作品制作をサポートしたり、地域の子どもたちがものづくりの楽しさを知る原体験になるようなワークショップを開催したりしている。


【L’eau et le Soleil】

戦後に床屋だった当時のモザイクタイルが残る土間スペースに、2021年のはじめにオープンしたお花屋さん。古い長屋に花々がマッチし、彩り豊かな空間に。長屋伝いに花を介した様々な交流を生み出している。


【稽古場】

元ラーメン屋さんを改修し、一階は畳と板張りのレンタル稽古場スペースとなっている。古武術の団体や真剣を学べる塾など、日本文化に精通した教室が自然と開催されている。2階は簡易宿泊所。