七軒長屋

最寄り駅の京成曳舟駅からメインエリアまで歩いてくると最初に目にすることになる長屋建築。約80年前に立てられたこの長屋には、江戸時代から引き継がれた伝統技法も垣間見える。昨年のEXPOをきっかけに入居した店舗もあり、個々の店主がリノベーションした内装も注目ポイント。


住所:墨田区京島3-13-5


【UNTITLED】

コロンビア人アートプロデューサーのホアンさんとメキシコ人建築家のラファさんを中心に、ポーランド人アーティストのエヴェリナさんと建築家 の渡辺さんが拠点にしている。ギャラリーにもなるスペースは卓球大会で賑わうことも。


【MILLION PERCENT】

昨年EXPOで展示会場に使われていたスペース。アーティストの住中さんを中心にリノベーションされたボードゲームのお店。自分たちで手掛けたという高度なリノベーション空間は必見。EXPO会期中は特別サービスあり。


【adlive】

建築学科出身の井上さんと井澤さんが中心になり、ミニカフェを併設した、建築士を志す人のシェアデスクのあるスペース。EXPO会期中も完成に向けて改装しているところを垣間見れるかも? 改装過程の写真の展示も見学可能。


【きまま】

建築家の澤谷さんとパートナーで研究者のケイトリンさんが古本屋のある建築スタジオとしてオープンの準備をしている。現在二人はアメリカで仕事と研究をしているため不在になっているが、長屋の端のスケルトンの壁面が特徴的。